UEHARA MARI-琵琶演奏-


※ 一部フラッシュムービーを使用していますので、ご覧いただくには最新のMacromedia Flash Playerが必要です。

ueharamari.jpへそうこそ!

上原 まり(うえはら まり、本名柴田 洋子(しばた・ようこ、1947年5月23日 - )は日本の女性で筑前琵琶演奏家、元宝塚歌劇団娘役トップスターでもある。 兵庫県神戸市、神戸市立湊川高等学校出身。公称身長157センチ、血液型A型。愛称ヨーコちゃん。 芸名は「姓は女優・上原美佐、名は幼少より親しかった友人にちなんで」命名した。
略歴
筑前琵琶旭会総師範・二世柴田旭堂の一人娘として誕生。高校一年時に東京新聞主催邦楽コンクール琵琶部門で3位入賞。「柴田旭艶」の名を持つ。
1966年、宝塚音楽学校入学。第54期生。
1968年に宝塚歌劇団に入団。「マイ・アイドル」で初舞台を踏む。同期に順みつき、尚すみれ等がいる。
その後は花組で甲にしき、榛名由梨、安奈淳、松あきらの相手役を務める。
1979年に専科へ移籍。各組公演に特別出演するようになる。
代表作には「ベルサイユのばら」のマリー・アントワネット、「新源氏物語」の藤壺など。
1981年、月組公演「新源氏物語」の藤壺役を最後に退団。その後は筑前琵琶の語り手として活躍している。
琵琶語りの代表作としては、「平家物語」、小泉八雲の「雪女」「耳なし芳一」、また瀬戸内寂聴現代語訳・水原央構成による「源氏物語」シリーズがある。
宝塚歌劇団との関わりも現役時代ほどではないが今も続く。OGイベントには幾度となく出演したほか、1992年月組バウホール公演『高照らす日の皇子』(作・演出谷正純、主演天海祐希)の琵琶演奏も担当。
さらに2007年、松竹からの要請でOSK日本歌劇団の52年ぶりになる京都南座公演「レビュー in KYOTO 〜 源氏千年夢絵巻」に紫式部役で特別出演。引き続き翌2008年の「レビュー in KYOTO 〜 輪舞曲(ロンド)薫と浮舟」にも紫式部役で特別出演した。
ウィキペディア抜粋
琵琶豆知識 琵琶の種類
■楽琵琶
 雅楽で用いる琵琶。もっとも起源が古く、奈良時代にまでさかのぼる。現在、雅楽のなかでは旋律楽器としてではなく、和音や単音を弾奏して拍節表示をするリズム楽器として位置づけられている。
 楽器は5種類の琵琶の中で最も大きく、奏者は楽器を水平に構え、弦の上を押さえて弾奏する。
■盲僧琵琶
 盲目の僧侶が『地神経(じしんきよう)』などの経文を琵琶伴奏で唱えるもので、楽琵琶と同時か遅くとも9世紀には成立し、当時は天台宗の仏教儀式に用いられ、主として九州で栄えた。現在、筑前盲僧琵琶、薩摩盲僧琵琶の二大系統がある。
 楽器は携帯の便のため小形で、奏者は楽器をやや斜めに立てて構え、柱と柱の間を押さえて弾奏する。
■平家琵琶
 平曲、つまり『平家物語』を語る音楽の伴奏楽器。平曲は室町時代に全盛期を迎え、江戸時代に前田流(江戸)と波多野流(京都)に分裂した。江戸幕府によって能と同じく式楽として保護され、三味線の流行にも駆逐されることなく、明治時代まで存続し、今日も名古屋、仙台などに奏者が残っている。
 楽器はやや大形で、奏者は楽器をほぼ水平に構え、柱の上を押さえて弾奏する。
■薩摩琵琶
 室町時代末期に薩摩盲僧琵琶から派生した琵琶で、今日、正派、錦心流、錦琵琶、鶴派など多くの流派がある。薩摩島津藩の島津忠良が、武士の道徳教育の目的で薩摩盲僧淵脇寿長院に琵琶歌を作曲させたのが始まりで、江戸時代末期に名手池田甚兵衛が今日の正派様式を確立した。明治維新後、東京を中心に全国に広まり、男性的な楽器としてもてはやされた。明治後期、東京の永田錦心が都会的趣味の錦心流を開き、分派。以後、本来の薩摩琵琶を正派とよぶ。さらに昭和初年、錦心流から水藤錦穣が錦琵琶を考案し、1980年代にはやはり錦心流から鶴田錦史が鶴派を開いた。
 正派と錦心流の琵琶はやや大ぶりで、奏者は楽器を立てて構え、柱と柱の間を押さえてたたくように激しく弾奏。男性奏者が多い。錦琵琶は、薩摩琵琶と筑前琵琶を融合したもので、曲調面からも両者の折衷といえ、奏者は女性が多い。鶴派琵琶は、曲折した柱、撥での擦奏など、楽器機構・奏法に斬新な工夫を加えている。
■筑前琵琶
 明治維新後の当道座廃止によって衰微した筑前盲僧琵琶の伝統を基に薩摩琵琶、三味線音楽の要素を取り入れて、明治20年代に北九州で創始された。橘智定、鶴崎賢定、吉田竹子らによって始められ、とくに上京して活躍した橘旭翁の尽力で明治後期から昭和初めにかけて盛行し、薩摩琵琶と人気を二分するに至った。
 楽器は薩摩琵琶よりやや小さく、曲調も全体的に女性的である。しかし、大正時代に薩摩琵琶の影響で考案された五弦琵琶の曲には勇壮な男性的曲調のものもみられる。奏者にはいまなお女性が多い。

(c)ueharamari All rights reserved.